街歩きイベント

参加者全員が車いすに乗って街のバリアフリーを体験するイベントです。

街歩きイベントの目的

①車いす未経験者の車いす乗車体験

②地域のバリアフリー調査

③参加者のバリアフリーに対する気づきや学び

参加者の声

イベントに参加された方の感想です​​

「車椅子は1人乗りのオープンカーだと思えばカッコいい」という考えのおかげで健常者が車椅子に乗る後ろめたさはなくなりました。

shimazakiさん

shimazaki

段差と傾斜がこんなに怖いとは思わなかった。普段歩いている時にはわからなかったことに沢山気付くことが出来ました。

ratchiさん

ratchi

行政などが個別に作るバリアフリーマップもいいけれど、せっかくこんないいアプリがあるのだからもっと多くの方に知って欲しい。

naotamaさん

nao

過去の街歩きイベント

詳しくは各イベントのレポートをご覧ください​

2019年4月6日

神奈川横浜

一般社団法人WheeLog

2019年3月2日

東京府中

府中リハビリテーション協議会

2018年12月1日

東京池袋

国土交通省

2018年11月17日

東京町田

町田ハンディキャブ友の会

2018年11月17日

神奈川海老名

神奈川県西地区リハビリテーション連絡協議会

2018年11月11日

東京渋谷

文部科学省

2018年5月5日

東京日比谷

WheeLog事務局

2018年4月29日

大阪梅田

WheeLog事務局

2018年4月22日

秋田県角館

NAOのたまご

2018年4月21日

神奈川県小田原

神奈川県西地区リハビリテーション連絡協議会

2018年1月14日

東京吉祥寺

WheeLog事務局

2017年10月14日

鎌倉・岐阜・松江・佐世保

WheeLog事務局

2017年7月23日

東京浅草

WheeLog事務局

2017年6月13日

沖縄市

WheeLog事務局

企業研修プログラム

企業の経営幹部やその候補者向けの研修プログラムをNEWONEさまと協力して提供しております。街歩きを通してダイバーシティを本質的に理解するプログラムとなっておりますので是非ご活用ください。

イベントを開催しませんか?

  • 企業や自治体・非営利団体などでWheeLog!アプリを使ったイベントを有料開催されたい方は、下の「WheeLog!公認イベント開催を申請する」よりお申し込みください。
  • 申請がないものはWheeLog!公認イベントにはなりませんのでご注意ください。
  • WheeLog!公認イベントを開催するには、主催者に5名以上のサポーター会員が必要です。
  • 無料・自主開催イベント・教育プログラムの場合はサポーター会員の制限はなく、フォームによる開催申請は不要です。
  • 開催申請された団体さまにはイベント開催マニュアルを別途お渡しいたします。
  • イベントに必要な備品セットを貸し出します。レンタル期間は1週間となります。往復の送料をご負担ください(受け取りは着払い、返送は元払い)
  • 学校関係者の方は教育プログラムをご覧ください。

講師派遣

WheeLog!からイベント講師を派遣することができます。講師派遣は公認イベント、自主開催イベントのどちらでも派遣できます。料金は講師料の他に交通費(実費)、遠方の場合は宿泊費(実費)も必要となります。希望される方は事務局までご相談ください。

【講師料】
・WheeLog代表:5万円
・公認WheeLoggers:3万円

公認イベント開催の申請手順

①  イベント会場の選定

イベント会場を検討してください。特に、多目的トイレがあり、アクセスが良い、車いすユーザーが利用しやすい施設をお選びください。

②  イベント日時の検討

イベント開催の日時を検討してください。開催申請はイベント開催の3ヶ月前までにお願いします。

③ イベント概要の決定

イベント名、開催団体、開催場所、募集人数、日時、参加費、車いすレンタルの手配先を決定してください。

公認イベントを申請の場合はサポーター会員5名を募ってください。

④  イベント開催申請

イベント開催申請フォームからイベント開催を申請してください。