12月1日土曜日10時半から国土交通省の実証実験として、国土交通省主催のWheeLog!街歩きイベントが開催されました。

この日に向けて、アプリの改修も対応していました。投稿してくださった方に感謝の気持ちも込めてWhee!を贈れるようになったのです。また、通知が充実したりなど細かいアプリの改修も入っています。

冬の時期ということもあり天候が心配でしたが無事に快晴でした。この日もたくさんの方にお越しいただき、会場がいっぱいで身動き取れないくらいでした。徳島、新潟、宮城からの参加者がいらっしゃいました。

国土交通省主催のイベントといえども、いつも通りジョンソンさんの司会で盛り上げていただきました。

まず初めに、国土交通省 総合政策局 総務課 清水純様にご挨拶いただきました。

今回のイベントは帝京平成大学の青木主税先生と大久保敦子先生に会場や車いす確保にご対応いただきました。

今回は各班に1人〜2人のリアル車いすユーザーが加わりました。池袋近辺をスポットを8エリアに分けて目的地に目指してもらいました。

運営チームもつかの間のランチ休憩。

このイベントは小学生や中学生まで車いすに乗って街歩きをします。

今回は国土交通省さん主催のイベントだけあって皆さんおとなしく、ほとんど遅刻されるグループはいませんでした、1グループを除いて(笑)

今回もジョンソン賞がありました!!吉藤オリィさんの「孤独は消せる」もサイン入りでいただきました。また、ペルモビールさんからはお水やノベルティーのグッズのご提供をいただきました。

今回、振り返りは必ず1人1言を話していただきました。それぞれの気づきを皆で共有したかったのです。

1番感動したのは、車いすユーザーの方がおっしゃった事でした。

そのグループが選ばれたレストランは人気店だったのですがバリアフリーではなかったそうです。でも、お店の方やみんなで協力して、店内に入ることができたそう。今まではショッピングモールなどに行かれることが多くて、そのようなお店には車いすになってから入ったことがなかったけれど、WheeLog!イベントをきっかけに入り、とてもいい経験になったとのことです。

車いすユーザーの方にとっても、そうでない車いすを初めて乗られた方にとっても、双方にとって意義あるイベントであり続けたいなと思いました。

最後に、国土交通省の小川裕樹さまから総評をいただきました。

国土交通省さま、NTTデータさま、そして、毎回たくさんのボランティアの方に支えられてWheeLog!街歩きイベントが開催できます。どうもありがとうございます。

このイベントに参加されることで、心のバリアフリーが少しでも広がっていってくれたらいいなと思っています。また、もちろんアプリの投稿もお待ちしております!!

終了後は、忘年会も兼ねて打ち上げがありました。開催予定していなかったのですが、急遽企画。たくさんの方にお集まりいただきました。

始めのうちはアプリやバリアフリーの話が多いのですが、途中からはそれぞれの生活のことや、福祉機器のことなど、思い思いの話が途切れることなく続いて楽しい時間でした。これからも打ち上げを企画していきたいなと思いました。幹事のmasayoさんどうもありがとうございました。

次回の街歩きは1月26日(土)を検討中です。小さめのイベントを予定しております。会場は東京都千代田区のどこかで。また、年内にはWheeLog!教育プログラムを利用して、帝京平成大学で2回授業を行います。