WheeLog!の目指すもの

車いすでもあきらめない世界

難病や事故など様々な理由で車いす生活になります。車いすだと思うように動けず、消極的になってしまうこともあります。その状況を少しでも変えたいです。そして、WheeLog!を通して「車いすでもあきらめない世界」をみんなでつくりたいです。何が起こったとしても自分の持っている力を発揮し生き抜ける社会に!

一般社団法人WheeLog 代表 織田友理子

車いすだから行けない?

遠位型ミオパチーという進行性の病気である私は子どもを産んでから車いす生活になりました。子育てをする中で毎年夏のシーズンになると息子を海に連れて行ってあげたいと思っていました。でも私は車いすだから行けないとあきらめていました。そんな状況が3年ほど続いたある日、車いすでも行けるビーチのバリアフリー情報をネット上で見つけました。そして、その情報のおかげで実際に息子と海に行くことができました。この時、車いすでもあきらめなくていい、情報があればいろんなところへ行けることを知りました。

バリアフリー情報を発信!

しかし当時はなかなかネット上でバリアフリー情報を見つけられませんでした。それなら自分がバリアフリー情報を発信しよう!と、車いすでお出かけした体験を2014年1月より動画で紹介し始めました。YouTubeチャンネルの車椅子ウォーカーです。車椅子ウォーカーを始めてたくさんの車いすユーザーの方から反響をいただきました。しかし、その一方で、一人だけの情報発信には限界があることも感じました。

みんなでつくるバリアフリーマップ

そこで、一人一人が情報の発信者となって、みんなでバリアフリー情報を共有できるアプリがつくれないかと考えました。このアイデアを2015年のGoogleインパクトチャレンジで発表したところ、グランプリを獲得し、Googleからアプリ開発のための支援を受けることができました。そして、2017年5月にみんなでつくるバリアフリーマップWheeLog!アプリをリリースしました。

車いすでもあきらめない世界をつくる!

WheeLog!は車いすでもあきらめない世界を目指し、アプリ開発やイベント活動など車いすユーザーのQOL(生活の質)向上のために活動しています。

①情報で車いす生活を豊かにします

〜車いすユーザーの世界が広がりますように〜

WheeLog!ではアプリを使ってみんなでバリアフリーマップをつくります。車いすで出かけられたという情報を共有し、車いすユーザーの外出に対する「不安感」を軽減します。さらに、アプリを通して人とつながることで「安心感」や「楽しさ」を感じて外出のきっかけにします。また、オープンデータを活用してバリアフリー情報の充実化を図ります。WheeLog!は車いすユーザーの情報インフラになり、車いすユーザーの世界を広げます。

②健常者と障がい者の心の壁をなくします

〜お互いがそれぞれの特性を生かして協働できる世界になりますように〜

WheeLog!の情報が充実していくためには車いすでない人の協力が欠かせません。そこで、WheeLog!では健常者と障がい者が楽しみながら一緒に街を散策する街歩きイベントを開催します。街歩きを通して健常者の方にも障がい者の方にも普段できない体験をしてもらい、様々な気づきや学びを得てもらいます。また、教育プログラムで学生にも楽しみながらバリアフリーについて学んでもらいます。WheeLog!は健常者と障がい者が交流を深めることで、心の壁をなくし、お互いがそれぞれの特性を生かして協働できる世界をつくります。

③日本を世界一のバリアフリー先進国にします

〜世界の車いすユーザーのために貢献していけますように〜

WheeLog!ではアンケートを使って車いすユーザーの声を集め、その声を自治体や企業に届けます。そして、様々な団体とつながり、日本のバリアフリーをより充実したものにします。さらに、日本のバリアフリーを他国の街づくりに活かすために世界の団体とも連携し、日本のバリアフリーを世界に発信して、たくさんの方に日本の文化を楽しんでもらいます。WheeLog!は日本を世界一のバリアフリー先進国にし、世界のバリアフリーの発展に貢献します。

車いすでもあきらめない世界をみんなでつくっていきましょう!