JR東日本 駅勤社員さんが使うタブレット端末にWheeLog!

WheeLog!リリース前から応援していただいている柳沼さんから嬉しいお知らせが届きました。

柳沼さんはJR東日本に勤務されており、仙台方面を中心に活動されているのですが、上司にかけあって下さり、駅勤務の社員さんが使うタブレット端末でWheeLog!が使えるようになりました!(タブレットにインストールできるアプリは決められているそうです)

5月リリースイベントにて

 

今後、JR東日本の社内での認知度が向上するようにと更に頑張ってくださっています。 その1つとして、社内での業務改善を主とするコンペにWheeLog!の社内展開の企画を申請して下さり、見事第1ステージを勝ち進まれたとの嬉しいご報告も頂きました!

駅のトイレやエレベータ情報は車椅子ユーザーにとって必須ですので、JR東日本の社員さんが協力してくれると本当に嬉しいですね〜。

JR東日本 駅勤社員さんが使うタブレット端末にWheeLog!」への5件のフィードバック

  1. いいことですね(*^^*)

    ただ、JRのとある駅に求めるのは、こういうことではなく、
    「人の手を借りないといけない人は、外に出るな!」という暴言や、
    車椅子で自力で電車に乗車するときに、声をかけず、いきなり車椅子を押してくる危険行為、それを当然と思っている駅全体の空気。
    そういう、車椅子ユーザーを「物扱い」する、非人道的な行為をまずは改めていただきたいですね(^_^;)

コメントは停止中です。