赤羽一嘉国土交通大臣との懇談会に出席しました

昨日12月24日に代表の織田が国土交通省を訪問し、赤羽一嘉国土交通大臣との懇談会に出席しました。

現在、有料道路の障害者割引は、事前に登録した自家用車1台のみ適用となりますが、令和4年度中に障害者手帳を表示することにより、タクシーやレンタカーなどの自家用車以外にも適用となる見込みです。

赤羽大臣は昨今、日本の公共交通のバリアフリー化にご尽力されていますが、現行の制度において、障害者が使いづらいポイントに対して改革を進めてくださっています。今回の制度改革も、車両から「人」に着目した制度を実現するとの赤羽大臣の強い思いによって、実現されることになったのだと肌で感じました。

本当に心あたたまる懇談会でした。

今回の懇親会に繋いでくださった公明党の岡本三成衆議院議員、杉久武参議院議員、三浦信祐参議院議員、塩田博昭参議院議員、どうもありがとうございました。

赤羽一嘉国土交通相懇談会出席者:
全国脊髄損傷者連合会 大濵眞代表理事、日本身体障害者団体連合会 萩津和良理事、WheeLog 織田友理子代表理事
岡本三成衆議院議員、杉久武参議院議員、三浦信祐参議院議員、塩田博昭参議院議員

懇談会の模様は本日(12/25)付の公明新聞に掲載されました。