車いすで巡る!東海&北陸のバリアフリーな美術館3選

皆様、昨今多くの情報に囲まれていて頭を空っぽにすることが難しくなっていますね。自分をリセットしたいときこそ美術館を訪れるのはいかがでしょうか?多くの名画の鑑賞に浸り「非日常感」が現実を忘れさせてくれることでしょう。

そんな美の空間にWheeLoggersの仲間が訪れ、投稿してくださっております。

そこで、全国の美術館を何回かに分けてご紹介していきたいと思います。

初回は、東海・北陸編です。

それでは静岡県から美術館の旅、はじまりじまり~


池田20世紀美術館

館内は階段のみのようですが、階段に沿って昇降機があり、車いすで見てまわれるとのこと。多目的トイレ、車いす専用駐車場も完備されており、満喫できそうですね。

個人所蔵のコレクションを集めた私設美術館ですが、ピカソ、ダリ、シャガールなど「何でこの人の作品があるの!?」とびっくりするような作品がそろっています。 館内は階段のみで、エレベーターはありませんが、車椅子用の昇降リフトが階段に沿って設置されているので、ほぼ全館を車椅子で見て回れます。 バリアフリートイレや駐車場も用意されています。 https://www.nichireki.co.jp/ikeda/ by hirohumax

https://app.wheelog.com/map/custom/admin/map?spotId=11399

●池田20世紀美術館の紹介●

わが国初の20世紀美術館が、1975年5月伊豆の一碧湖けやき通りにできました。この美術館の土地、建物と約1400点の所蔵作品の大半は、ニチレキ(株)の創立者池田英一氏が寄付したものです。

彫刻家井上武吉氏の設計で、展示館外壁は日本ではじめてのステンレススチール張り。入口から出口まで有機的に連なるユニークな空間造形となっております。作品が大へん観賞しやすい美術館です。

20世紀に制作された絵画・彫刻で《人間》をテーマとするものを中心に約1400点収蔵しています。館内には、ルノワールをはじめ、ボナール、ピカソ、マチス、レジェ、シャガール、ウォーホル、ミロ、ダリ、デ・クーニング等、外国巨匠の大作、秀作を常設展示しております。また、1階展示室では3ヶ月に1回特別企画展を行います。

https://www.nichireki.co.jp/ikeda/introduction.html

池田20世紀美術館
住所:静岡県伊東市十足614
電話:0557-45-2211
WheeLog!スポット
公式ホームページ


お次は、静岡県から北へ向かいます!


富山県美術館

エレベーター、多目的トイレ、車いす専用駐車場完備されており、こころゆくまで楽しめそうですね!

富山駅北口から徒歩約15分で行けて、しかも「世界一美しいスタバ」があることでも話題になった「富岩運河環水公園」のすぐ隣という素敵な立地です。

移動支援でよく出かけます。 天気がいい日は、富山駅北口から環水公園を散歩してます。 立山連峰がきれいに見える時がイイです。 駐車場2時間無料 by ryou

https://app.wheelog.com/map/custom/admin/map?spotId=7679

●富山県美術館の紹介●

立山連峰を望む「富岩(ふがん)運河環水公園」のすぐそばに、2017年8月に移転オープンした「富山県美術館」。前身の「富山県立近代美術館」で有していた国内屈指の20世紀美術作品の展示はそのままに、「アートとデザインをつなぐ場」を目指して、楽しくてわくわくできるみんなの美術館へと生まれ変わりました。

ピカソやミロ、ベーコン、ロートレックなど、地方美術館のコレクションとしては著名なアーティストの作品を有し、約3ヵ月ごとにテーマと作品を変えて常設展示しています。そのほか、無料エリアでは体験型のアートなどもあり、大人も子どもも楽しめるようなアートとデザインが集まっています。

https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_2192/

富山県美術館
住所:富山県富山市木場町3-20
電話:076-431-2711
WheeLog!スポット
公式ホームページ


富山県をお別れし、今回のラスト石川県を訪れます!


石川県立美術館

館内段差なし、多目的トイレ、車いす用駐車場完備されております。

2階のコレクション展示(常設展)のみを回りましたが、館内は段差なく、ゆったり。 駐車場は入口すぐ近くにありました。車いす用が2箇所とパーキングパーミット 対象らしいスペースが1箇所ありました。特にラインが引かれているわけでもなく、どうやって停めるのかちょっとわかりません。 障害者手帳提示で、本人と介助者1名が入館料免除でした。 by chiro

https://app.wheelog.com/map/custom/admin/map?spotId=6564

石川県立美術館(トイレ)

多機能トイレは1階、玄関ロビー階、2階に各一箇所。by chiro

https://app.wheelog.com/map/custom/admin/map?spotId=6563

石川県立美術館広坂別館・文化財保存修復工房(トイレ)

旧第9師団師団長官舎建物(国登録有形文化財)の広坂別館に、文化財保存修復工房が併設されており、どちらも無料で見学可。by chiro

https://app.wheelog.com/map/custom/admin/map?spotId=6565

●石川県立美術館の紹介●

石川県は、東京や京都とならんで日本で美術工芸の盛んな地域として知られており、当館はその美術工芸の姿を紹介することを目的として設立された美術館です。石川県の芸術的個性を生かした地方色豊かな美術館を基本理念として運営しています。

収蔵品は幅広く、石川県や加賀前田家ゆかりの古美術品から石川県にゆかりのある作家を中心とする日本画、油彩画、彫刻、工芸品などの現代作品までと、非常にバラエティーに富んでいます。中でも見ごたえのあるパートは、やはり何といっても工芸作品で、加賀蒔絵などの大名道具や、古九谷から再興九谷までの九谷焼のコレクション、それに多くの重要無形文化財保持者(人間国宝)を中心とする伝統工芸作品等々と思っています。

石川県立美術館館長のあいさつより

石川県立美術館
住所:石川県金沢市出羽町2−1
電話:076-231-7580
WheeLog!スポット
公式ホームページ


以上、3つの美術館のご紹介でした。

いかがでしたでしょうか?

芸術に触れることで心の琴線にひびく微かな変化を感じられるひとときは非常に大切ですね。

次回は関西・四国の美術館でお会いいたしましょう!

hirohumaxさん、ryouさん、chiroさん、ありがとうございました。

(Hiromi)