車いすでスキー!?長野県にある富士見高原スキー場で雪遊び!

車いすでスキー?パラリンピック選手でもない限り無理でしょ?と思ったあなたへ、今日はハンディキャップのある方も楽しめる「富士見高原スキー場」のご紹介です。

桜も咲き始め、スキーシーズンも終わりかな?と思いきや、長野県諏訪郡にある富士見高原スキー場は3月~4月初旬まで春スキーを楽しめるんです!

今回はkyokoさんがデュアルスキーに挑戦し投稿してくださいました。なかなかのチャレンジャーですね!


まずはkyokoさんからいただいた実際のスキーの動画をご覧ください。


富士見高原スキー場

車イスでスキーが楽しめるデュアルスキーがあるスキー場です。 デュアルスキーは、座位が難しい人でもしっかりシートが包み込むように支えてくれて、ベルトで固定もしてくれるので、安全にスキーを楽しめます。乗る人の体型に合わせて、背中にクッションを入れてくれたり、ヘッドサポートを付けてくれたりします。 フランスで研修を受けたパイロットが一緒に滑ってくれるので、安心です。 料金は2時間で25000円です。 デュアルスキーの他にバイスキーもありますが、こちらは、自分で操作出来たりするので、比較的自立度が高い人にお勧めとのことです。 スキー場内には多目的トイレもあります。 ただ、更衣室は車イスでの利用は難しく、私はトイレで着替えました。 レストハウスには、エレベーターがないため、2階のレストランに行く時は、スタッフ方がお手伝いしてくださるとのことです。1階には、お蕎麦屋さんがあります。

4年前にデュアルスキーが導入されて、今シーズンは、20人以上の方が体験されたようです。 このデュアルスキー、リフトにもそのまま乗れてしまう優れものです。 パイロットの方も、寒くないですか?とか、痛いところがあったらすぐに言って下さいねとか気にかけて下さいます。by kyoko

https://app.wheelog.com/map/custom/admin/map?spotId=18713

次は、施設内トイレのバリアフリーです。

レストハウス1階のトイレはバリアフリー。入口からはフラットな状態でのアクセスでき、扉は引き戸になっています。男女とも個室内にはベビーチェアとおむつ交換台があります。(オストメイト設備はありません)

男子トイレ、女子トイレ、それぞれのトイレの一番奥に多目的トイレがあります。by kyoko

https://app.wheelog.com/map/custom/admin/map?spotId=18715

そば処花鳥野

お食事のできる「そば処花鳥野」さんです。長野県のお蕎麦美味しそうですね。ゆり根の天ぷらが美味しいようです。投稿にもありますが、お蕎麦屋さんの他に2階にはレストランがあります。2階は階段のみになるためスタッフの方へお声かけするとお手伝いしてくださるそうです。嬉しいお心遣いです。

富士見高原スキー場レストハウス1階にあるお蕎麦屋さんです。食券を買って注文します。手打ちそばをいただけます。by kyoko

https://app.wheelog.com/map/custom/admin/map?spotId=18714

ホテル八峯苑鹿の湯

スキーをするとなると泊まりになりますね。そこで気になるのがホテル情報です。富士見高原のホテルはMONchanさんが投稿してくださっています。完全なバリアフリーではありませんが、介助者がいれば露天風呂なども楽しめるようです。

和洋ファミリールーム(露天風呂付) 通常部屋と比べるとお高くなりますが、部屋風呂がついているので、介助者がいれば露天風呂に入ることができました。 部屋は通路も広く車椅子で余裕に通れます。 和室に上がるには4センチの段差。 トイレには段差がありませんが、車椅子で入れないかもしれません。 (未確認) 左側にL型の手すりあり。 洗面所から洗い場に行く所に約7センチくらいの段差あり。 洗い場から浴室へは段差なし。 シャワーキャリーを借りることができるので、必要な人は予約時に申し出るといいでしょう。 また風呂に入る場合は写真にもあるように、洗い場にある木の椅子を腰掛け場に乗せると桶の高さとだいたい一緒になるので、風呂に入りやすいかと思います。by MONchan

https://app.wheelog.com/map/custom/admin/map?spotId=7521

ホテル八峯苑鹿の湯
住所:長野県諏訪郡富士見町境12067
電話:0266-66-2131
WheeLog!スポット情報
公式ホームページ


最後に富士見高原スキー場で楽しめるスキーの特徴をそれぞれご紹介いたします。スノーカート、デュアルスキー、バイスキー、ヒッポがあります。身体の機能と相談しながら自分に合ったものを選べるのが魅力的ですね。(参考:https://fujimikogen-ski.jp/rentalandschool/rental/monoski.html

・スノーカート
日本初登場、一人で操作できる障害者スキー。ハンドル操作により自発的に方向転換、減速、停止が可能となる着座式スキー。下肢に不安がある人はもちろん、立位での滑走が怖い、初めてのスキーにも活用できます。

・デュアルスキー
フランスなどヨーロッパで広く支持されているデュアルスキーは、世界特許を取得したスキーリフト乗降機能でスムーズかつ安全に搭乗者をリフトに乗降させることができます。ほぼ一人でスキーをするような気持ちで滑走体験ができる着座式スキーですが、後ろから訓練をした専門パイロットが操縦するので安心です。2本のスキーがついているため安定した滑走性能が発揮され、安全面でも滑走の楽しさの面でも優れた製品となっています。利用料金は2時間で25,000円です。

・バイスキー
ハンディキャップを持ったお子様でも雪山で滑る楽しさを体験できるものとして導入したのがバイスキーです。操作はスキースクールインストラクターが行いますが、障がいの程度によっては、体の傾きやアウトリガーの操作によってターンをすることも可能です。利用料金は2時間で23,000円です。

・ヒッポ
雪上や芝生、砂利の上でも利用可能な車いすです。デュアルスキー・バイスキーと異なり一般の方の介助による補助が容易です。雪上のみならず様々な場所へ行くことができます。利用者には最初に利用方法の講習を行います。サイズは子供用1台、中高生用3台、大人用3台の3種類、7台あります。レンタル料は無料です。

風を切って雪山を滑る気持ちよさを想像すると、体験してみたくなりますね。何より車いすでスキー場に行けて楽しめるなんて嬉しいです!滑走したい方、雪まみれになってみたい方、是非体験してみてください。

kyokoさん、貴重な体験投稿ありがとうございました。

(Hiromi)


富士見高原スキー場
住所:長野県諏訪郡富士見町境 広原12067
電話:0266-66-2932
WheeLog!スポット情報
公式ホームページ