みんなでつくるバリアフリーマップ

WheeLog!アプリ

あなたの「行けた♡」が誰かの「行きたい☆」に​

無料ダウンロード

Web版(パソコン利用)

パソコンでバリアフリー情報を閲覧・検索できるWeb版もあります。(スマートフォン非対応)

日本には200万人以上の車いすユーザーがいるといわれています。しかし、街中であまり車いすユーザーを見かけません。なぜなら、お出かけに必要なバリアフリー情報がなかなか見つからないからです。そこで、みんなでつくるバリアフリーマップのWheeLog!アプリをつくりました。WheeLog!は車いすで実際に走行したルートや、ユーザー自身が実際に利用したスポットなど、ユーザー体験に基づいたバリアフリー情報を共有できる新しいバリアフリーマップのプラットフォームです。全世界のバリアフリー情報を全世界のユーザーとシェアすることで、車いすユーザーの世界が変わります。

アプリの特徴

走行ログ

ユーザーが車いすで通った道をマップ上で共有

走行ログ

スポット

車いすユーザーが利用できる施設や設備をみんなで共有

スポット

つぶやき​

ユーザーの今の気持ちをタイムラインで共有

つぶやき

リクエスト

ユーザーが知りたいスポットのバリアフリー状況をリクエスト

リクエスト

アプリのダウンロード