はじめまして。WheeLog!ではshimazakiというニックネームで細々と活躍している島﨑と申します。WheeLog!in日比谷に参加した際、友理子さんから軽~く「ブログお願いします。」と依頼され、記念すべき初ブログとなります。愛あふれる熱~い内容になること必至ですので涼しい環境でお読みください。

車いす提供 株式会社ダスキン レントオール事業部

 

織田ご夫妻との出逢い

2年半前、とあるセミナーへ参加したのがきっかけで織田ご夫妻に出逢いました。そのセミナーを主催した企業さんが友理子さんのDVDを作成していて、セミナーの中でご夫妻の紹介がありました。私がイメージする障がい者の方とは大きくかけ離れ、イキイキされている友理子さんの姿を見て羨ましく思えました。何か私にできることはないだろうか?そんな想いからイベントや交流会へ参加しつつご夫妻を見つめ続けたファンの一人です。

 

WheeLoggersとして

初めはトイレを中心に投稿しました。気が付けば写真のほとんどがトイレばかりで娘からは「トイレマニア」と呼ばれています。最近は大好きなお店も投稿するようになり、店内の写真撮影許可はWheeLog!のリーフレットを活用しています。リーフレットは趣旨の説明、WheeLog!の宣伝、お店の広告として一石三鳥です。好意的な対応のお店がほとんどなので是非とも活用してみてください。https://www.wheelog.com/hp/event/files

 

娘を巻き込む

今回のWheeLog!in日比谷に高校生の娘と一緒に参加したのは建築の道を志す高校生の娘にバリアフリーを肌で感じる機会を作りたいという想いからでした。6月に京都奈良へ修学旅行へ行くので沢山スポット投稿してもらいたいという魂胆もあります。私がトイレの写真を撮っていることは知っていても、それがどんなふうに生かされているか娘は知りません。私が好きでやっていることに巻き込むつもりはありませんが、娘も興味を持ってくれて若年層にもWheeLog!が浸透するきっかけになればと思いました。

 

車椅子で皇居1周

新たな試みとして「クエスト」がありました。私たちの6班は最難関のクエスト「皇居1周」(40点)を選びました。私は2回めの車椅子体験でしたが自分で漕ぐのは初めてです。少しの段差で止まり、まっすぐ進まず、makkyさんの3倍の勢いで漕いでいるのにmakkyさんからどんどん引き離され、5分でギブアップとなりました。途中から長く緩い上り坂が続いてもmakkyさんはペースを変えずにどんどん進み、より怖い下り坂も難なくクリアして無事に1周できました。ランチにありつけないままぎりぎりセーフでの帰還となり、持ち合わせていたおやつが活躍できてよかったです。

 

イベントを終えて

オリィさんの「車椅子は1人乗りのオープンカーだと思えばカッコいい」という考えのおかげで健常者が車椅子に乗る後ろめたさはなくなりました。段差で立ち往生して「押しましょうか?」と声をかけていただいた時も「悪いな」ではなく「嬉しい」に変わっていました。娘は「めっちゃ楽しかった」と満面の笑顔を見せてくれました。私の好きなことにどんどん巻き込んでいいのだと思ったら「もっと早く誘えばよかった」と少しだけ後悔もしました。身近なところから好きなことを発信して影響し合うことができたら、もっと家族が楽しくなるはずです。大学生の娘も夫も言葉巧みに巻き込みます。

 

イベント攻略法8か条

①高得点でも時間のかかるクエストは選ばない②ランチ難民になった時のためにおやつがあると便利③上腕部の筋トレ必須④グループ内での連絡先交換⑤スポット投稿は誰がどこでするのか決めておく⑥時々ジョンソンさんの実況中継を見てコメントする⑦遅刻厳禁(遅刻のマイナスポイントが響き合計ポイントがマイナスになったチームがありました)⑧好奇心、探求心、遊び心を忘れず楽しみ尽くす。

 

ひそかな野望

WheeLoggersのmasayoさんは私の勤務先の近くに住んでいて、kyokoさんの勤務先は私がボランティアでお邪魔していたところでした。偶然の出逢いをきっかけに結成された派生ユニットが「WheeLog!西武線の会」です。前日に初のオフ会を開催し、2回め以降も企画予定です。某アイドルグループのように国内外を問わず沢山のグループが生まれ、更にそのグループから派生ユニットが結成され、様々な活動、活躍、交流ができたらいいなと思います。イベントもバーベキューやバリアフリー視察旅行や婚活?など色々やってみたいです。「WheeLoggersお墨付き」のグルメ本、歴史本、旅行ガイドブックなど可能性は限りなく広がります。

SpecialThanks

3班の皆さん、娘がお世話になりました。娘の笑顔は親の私が見ても眩しすぎました。

makkyさん、皇居1周のレジェンド6班を引っ張ってくれてありがとうございました。

家族で参加のyokayoさん、miuさん、dくん、昼食を食べそこねた私にコロッケパンを買っていただきありがとうございました。おやつを喜んでくれて嬉しかったです。

オリィさん、サインありがとうございました。「孤独は消せる」メルカリで売ることなく家宝にします。老後の楽しみに2シーターの車椅子を開発してください。

ジョンソンさん、実況中継、最高でした。我が家の冠婚葬祭時の専属MCになってください。私のお葬式の時には皇居1周というチャレンジングな功績を称えてほしいです。

伊藤史人先生、出身地が中野区と岩手県東磐井郡(現一関市)なのですね。私は両方とも住んだことがあり、こういうご縁が嬉しいです。

織田ご夫妻、過酷あり斬新ありの盛り沢山なアイディアとコンピューターにも真似できない神レベルなグループ分けのおかげでいつも楽しんでいます。今回お世話になった娘がバリアフリー建築を実現させた折には「WheeLoggers割引」制度を作ることで恩返ししたいと思います。友理子さんからの圧力を感じさせないブログのオファーも嬉しかったです。

 

これから

目の前の1万スポットという目標はもちろん、10万スポットそして100万スポットに向けてこれからもWheeLoggersの一員として積極的に活動していきます。1人の100スポットより、100人の1スポット!WheeLoggersには定年もありません。私がいつしかオリィさん特製の車椅子に乗って線を描く頃には、描けるところがないくらい車椅子が活躍している世の中になっていますように…。

会場の申請用紙を取りにエレガントな姿で会社まで走ったmasayoさんをはじめとするWheeLog!in日比谷に関わってくださったすべての皆さまに心から感謝いたします。

尚、写真はHiromiSuzukiさん、および参加者のFBより拝借いたしました。